オンラインショッピング

  • 鮭鱒
  • 魚卵
  • 貝
  • 海老
  • 蟹
  • 昆布
  • 干物
  • 珍味
  • 加工品
  • 調味料
  • 詰合せ
  • わけあり品

ニッセイは、SSLでお客さまの個人情報を保護しています


北海道の海に恵みにRespect

 

昆布の歴史

 遡ること江戸時代、日本海という大海原を北海道から大阪にかけて往復していた「北前船」があったといいます。

 

 この北前船とは、対馬海流に乗って日本海沿岸の大小様々な港へ立ち寄り、最後には北海道・樺太まで航路を延ばした船のこと。米をはじめ、塩や鉄、石や文化まで当時の繁栄を物語るありとあらゆるものを運んだといいます。

 


 北前船の恩恵を受けたのはここ小樽市も例外ではありません。近江や越後の商人がこの土地で商いをはじめると、昆布やにしん等の海産物が積み出され、本州からは米や雑穀、衣類等の生活物資が盛んに運び込まれました。そうした物資の輸出入は、この時期この町を最も繁栄させたといわれているからです。また、一年に数えるほどの来港であったからこそ、物資を保管する場所が必要となり、小樽の倉庫業が発展したともいわれています。

そうした中で、



 かつて松前藩から宮中や将軍家に縁起物として献上されていたといわれる「献上昆布」はもとより、乾燥・加工技術の発達によって庶民の味としても次第に定着していったのです。

 北前船が立ち寄る港には、独自の昆布食文化が生まれ、その文化は現在でも変わることなく受け継がれています。そうして、昆布は全国各地へ広まっていきました。その交易ルートを人々は「こんぶロード」と呼び、大阪をはじめ、九州や沖縄、中国へまで続いていったのです。

昆布ロード
 

日本海沿岸をとおる西回り航路では、北海道松前地方から富山、敦賀、小浜、下関を経由して大阪及び九州(その後は沖縄、中国)へと運ばれていた。

 

現在では、料理のダシとして使われる他、沖縄の豚肉料理や大阪の佃煮など地方独特の加工品としても高い人気を誇ります。昆布は、こうした北前船やこんぶロードという長い歴史があったからこそ、いま一家の台所を支えているのです。

昆布も、これら倉庫業と共に歴史を歩んできた。

 

昆布と健康

 

45種類もの豊富な海洋ミネラル成分をはじめ、牛乳の約7倍のカルシウム、コレステロール値を下げる食物繊維、体内の新陳代謝を活発化させる(働きをもつ)ヨウ素(ヨード)、鉄分やマグネシウムなどが含まれ、栄養学的に見ても「理想の健康食品」として高い評価を得ています。
また、ヘルシーでダイエット食品としても優秀で、美容にも良いとされています。

陸揚げの様子。日高高知では7月初旬から漁が解禁される。

 

 

最近の研究では、昆布に含まれる食物繊維の一つ「U-フコイダン」という成分の中に、ガン細胞が自滅するよう誘導する働きをもつ成分が確認されており、ガン予防や治療に革新をもたらす可能性も示唆されています。

 

砂利が敷き詰められた干場に昆布を並べ天日乾燥させる。

昆布を加工

こうした作業ももちろん一つ一つ、丹精込めて巻いています。

 

 

ニッセイに搬入された昆布は、独自の基準チェックをし、すぐさま保管庫に搬入され一定の品温に保たれます。副原料である昆布巻に使用する具材も同様に、如何にしてこの品温を調整するかが品質や衛生面に大きな違いを生むからです。
その後、洗浄、裁断、手巻き、調味、包装等の工程に進みますが、ニッセイではその工程中、作業員や使用器具からの二次汚染及び異物混入を未然に防ぐため、加熱殺菌・洗浄殺菌を中心とした衛生面においての作業が何度も繰り返されます。

 例え同じ日にとれた昆布でも状態はさまざま。いくら素材の良いものといっても
昆布も海産物ですから、決して気を抜きません。



ニッセイの担当者は目を凝らしてその工程を見つめているのです。

 日本における昆布の主産地はその殆どが北海道で、利尻昆布、真昆布、羅臼昆布、なが昆布などが有名です。なかでも当社が使用する「日高昆布」は、

 

その中に秋鮭や紅鮭、にしん、たらこ、ほたて、ししゃもといった道産の具材がぎっしりと詰められ、それを一つ一つ手作業で巻きながら、調味料と魚醤油を使用した秘伝のタレでじっくりと味付けします。化学添加物、保存料などの合成添加物を一切使用しない、しかし上品に仕上げられた味わい深い美味しさは、おせち料理や贈り物としても大変人気があります(子供にも食べやすい一口サイズのミニ昆布巻などもあります)。

食卓を彩るニッセイの「昆布巻」を、是非一度ご賞味ください。

 


海産物の通販 北海道小樽NSニッセイ ページの先頭へ


北海道小樽